買い出しに行く際の群馬の交通事故に対する考え

2012-09-28

韓国料理って、日本人には毎日食べるにはきついですが、

たまに食べるとおいしいものですよね。

と言っても、手に入りそうなものはキムチぐらいではありますが、

そのキムチもすでに名前だけが韓国料理なのであって、

日本人的な味付けになっているものがほとんどですよね。

でも、最近は輸入物の韓国食材なども手に入りやすくなったせいか、

本格キムチなんってのもあるんですけどね。

ちょっと前だとそういうものを手に入れたければ、

都内などにある専門店などに行かなければならなかったんですが、

それも便利になったものです。

群馬などでも韓国食材の手に入るお店は増えました。

 

 

それこそ簡単に手に入りすぎて、

あたかも昔からあった食材のようにもなってしまったわけです。

ただし、どこでもと言っても、この距離感は群馬特融のものなのかもしれません。

 

 

 

 

常に車で動くことをメインとしている群馬の人の移動距離の感覚は、

都内などの人の感覚とはちょっと違い、かなり距離感が長いのが特徴でもあります。

そのため、群馬の交通事故などにはとても敏感で、

何がどうして事故が起きたのかまで聞きますし、自分たちでも考えていきます。

 

事故というものは、それだけですべてを失う可能性があります。

事故を起こした方もそうですが、巻き込まれた方にだって

とてつもない危険性を伴うからです。

それだけ神経質になるのは、常に運転が身近にあるからなのかもしれませんね。